本文へスキップ
阿弖流為・母禮






アテルイ・モレとは



阿弖流為(アテルイ)と母禮(モレ)

奈良時代、朝廷は神亀元年(724)、今の宮城県仙台市東北部に多賀城を築き、陸奥の「まつろわぬ民:蝦夷」攻略の拠点としました。天平21年(749)、陸奥の国で初めて金が取れ、聖武帝は年号を天平感宝と改元するほどの慶びでした。天平勝宝4年(752)、東大寺にて廬舎那仏の開眼法要が盛大に営まれます。このような時代の中で、朝廷は多賀城を強化して蝦夷攻略を本格化し、宝亀5年(774)から弘仁2年(811)まで朝廷と蝦夷の「38年戦争」が続くことになります.

朝廷から幾度も大軍の派兵があり蝦夷の抗戦が続く中で、延暦21年
(802)、蝦夷の頭領アテルイと副将モレは征夷大将軍坂上田村麻呂公の勧めにより休戦に応じて上京しますが、田村麻呂公の嘆願もむなしく、二人は河内国杜山(又は椙山或いは植山:現枚方市)にて斬首されました。

その後も蝦夷と朝廷軍との戦いは続きますが、弘仁2年
(811)、和賀・稗貫・紫波三郡の設置により朝廷と蝦夷の「38年戦争」が終結し、再び陸奥の地にしばしの安寧が訪れ、その後この地方に花開く平泉文化の基となりました。この年は奇しくも坂上田村麻呂公が逝去(54)された年でした。

国史に記載された事例
延暦21年(802)
4月14日、阿弖流為と母禮は兵5百余人を率いて胆沢城の坂上田村麻呂将軍に投降した。
(類聚国史)。

同年7月10日、田村麻呂征夷大将軍に従い上京した。
(日本紀略)
同年8月13日公卿の執論の結果、河内国杜山(又は植山或いは椙山)で処刑された。

(日本紀略)。

碑の建立

昭和62年、関西に住む岩手県奥州市水沢地区出身の方々が「関西水沢同郷会」を発足させて故郷の英雄アテルイ・モレを顕彰する活動を開始し、清水寺に建碑を願い出て許され、平成6年平安遷都1200年を記念して清水寺本堂下の南苑に「北天の雄 阿弖流為 母禮之碑」を建立しました。揮毫は森清範貫主、顕彰碑は学芸員横山正幸氏の筆によるものです。 
アテルイ・モレの碑

 

顕彰碑

ナビゲーション

 

関西アテルイ・モレの会 事務局

〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町鏡田40-11

このサイトは関西アテルイ・モレの会が運営・管理しています。
お問い合わせ先:mail  r-waga@hera.eonet.ne.jp
Copyright (C) 関西アテルイ・モレの会