関西宮沢賢治の会

宮沢賢治第79回法要会 台風接近で参列中止

関西宮沢賢治の会 会長 深田 稔

関西宮沢賢治の会として、47回目となる今年の法要会を、台風接近のためやむなく中止いたしました。南方海上で数日間停滞・迷走していた台風15号は、北上を始めるやいなや急に速度を上げ、ちょうど法要会当日に、近畿直撃の様相を呈しました。「京都在住会員によれば、比叡山行きバスは、強風ですぐ運行中止になる」と、藤井副会長から連絡のあったのが、前日の昼ごろでした。今回、議会開会中の忙しい中を調整されて、ようやく1週間前に、大石満雄花巻市長のご参列が決定していました。また、記念講演の池上理恵講師およびご友人数名は、静岡や岡山からのご参列でした。交通機関がマヒすれば、遠方からの参列者に大きなダメージを与えることは必定です。また、すでに台風を懸念し辞退者も出ておりました。そこで、急遽、他の副会長および柏山喬相談役にも相談し、参列中止を決断いたしました。まず、延暦寺および延暦寺会館には、私がその旨連絡しました。池上講師には星野祐美子さん、花巻市長には藤井副会長、京都の会員数名には、菅洋子さんが自ら連絡を買って出てくださいました。その他の方には私がFax・電話および電報で対応いたしました。延暦寺では、われわれが参列しようがしまいが法要は行われております。当日、連絡漏れの人が来るかもしれないと、念のため京都駅には村上忠夫副会長が、京阪三条には深田が待機しました。京阪三条には小野真紀子さん、星野さんも来てくださいました。バスが運行していたので、事前の約束通り、村上副会長と私はそのまま比叡山行きバスに乗車しました。

 まず延暦寺事務所を訪ね、新任の小寺照依法務部長にご挨拶するとともに、参列中止のお詫びをいたしました。「台風だから仕方がありません」と快いご返事でした。その後延暦寺会館に向かい、ここでもお詫びを申し上げるとともに、来年の予約をいたしました。今年は昼食予約が54食あり、前日になって全てキャンセルしたので、延暦寺会館には大変なご迷惑をおかけしました。 賢治法要会は、例年通り11時30分からで、祭壇は雨を避けて根本中堂の軒先に設けられ、例年より簡素でしたが、「宮沢家からの菊花と本会が取り寄せたりんどうの花」も飾られておりました。世話役の僧侶は「今日は参列者がいないと聞いておりましたが・・」といい、「バスが動いていたので来ました。ご焼香したい」というと「分かりました。準備します。時間があるから根本中堂にお参りしてください」といい、親切に根本中堂の入り口に用意されたタオルで、雨に濡れたところを拭くように促されました。定刻に行くと、ご丁寧にも二人の椅子席が設けられていて恐縮しました。 導師と出仕2名の僧侶3名の読経でしたが、賢治さんご兄弟とともに、室井貢(本会相談役)、池上雄三様(賢治研究者)、東日本大震災犠牲者の供養をしていただきました。関西宮沢賢治の会およびご遺族から預かったお供えを持参するとともに、ご遺族、会員を代表して二人でご焼香いたしました。

 導師の横山照泰師は「長年、賢治忌法要にかかわってきたが、こんなことは初めてです。」とおっしゃっておりました。導師および関係者は、われわれ二人が参列したことを喜んでくれたようです。なお、「残りの菊とりんどうは、境内の塔堂に飾らせてもらいます」とのこと、しばらくは「色とりどりの菊」と「りんどうの鮮やかなブルー」が参列者の目をひいたことでしょう。 帰りはケーブルにしましたが、延暦寺ケーブル駅までの700メートルは、横なぐりの雨で傘がほとんど役に立たず、二人ともずぶ濡れになりました。駅員によればケーブルは減速運転しており、「もう少し風が強くなれば、運転を中止する」とのことでした。しかし、下界の坂本ケーブル駅は、山上と違い嘘のように静かでした。近畿中部は台風の進路から外れて大きな影響はなく、むしろ東海、首都圏、さらには大震災被災地を含む東北に、追い討ちをかけるように大きな影響があったようで複雑な思いです。

平成23年7月 関西宮沢賢治の会 事務局

毎年9月21日は宮沢賢治の命日です。この日比叡山延暦寺において、延暦寺主催による宮沢賢治忌法要会が執り行われます。それと同時に本会の企画による記念講演会が開催されます。会員(年会費¥1,000)の皆様には、期日が近づいたら別途ご案内を差し上げますので、同封返信ハガキにて、参加人数、昼食数をお知らせください。会員でない方は事務局に直接お申し込みください。なお、会員の方は、案内ハガキを延暦寺山門にて示せば、本人およびご家族の入場が無料となります(入山料 大人一人¥550)。会員外の方にも、時間があれば案内ハガキをお送りします。)

img03img04

<記>

法要会/ 9月21日 比叡山延暦寺根本中堂 宮沢賢治歌碑前
法要会11:30〜12:00 受付10:00(献花、献香、詩朗読、寮歌斉唱など)
参列者には、帰りに宮沢家より寄贈の菊花および本会が岩手より取り寄せたリンドウをお分けします。
2.講演会/ 同日 13:00〜14:30 (延暦寺会館 2階)

平成23年度講演会ご案内
講師:池上理恵氏(静岡自然を学ぶ会代表)
演題:賢治文学の慈しみ−外山詩群を研究した池上雄三と共に−
  (聴講者には後日講演録をお送りします)
3.参加費/ 無料 但し、昼食は自己負担。要予約¥1,500(特別食、当日徴収、延暦寺会館食堂)
予約とり消しは当日朝の9:00まで。山門内の食事場所は延暦寺会館のみです。予約なしでも食事できますが、延暦寺会館の既存メニューとなります(¥2,000〜2,500税別)。
4.交 通/ 比叡山山頂行き乗車 延暦寺バスセンター下車(別表参照)
所要時間 約75分(JR京都駅より)、約54分(京阪三条より)、¥750(片道)
車酔いしやすい方は、JR比叡山坂本駅経由のケーブルがあります。自家用車は途中有料道路ですが、延暦寺バスセンターの駐車料金は無料です。
5.申込み/ 締め切り9月10日
関西宮沢賢治の会 事務局
〒666−0143 川西市清和台西3−3−32(Tel&Fax 072−776−6211)

参考資料1.JR京都駅および市内乗り場よりの往復バス時刻表
往路 : 比叡山山頂行き(片道¥750、京都駅より75分、三条京阪より54分) 

バス会社 京都駅
烏丸口C6乗場
三条京阪
乗場I
京阪出町柳
加茂大橋東詰
延暦寺バスセンター
(根本中堂)
備考
京阪バス 8:55(始発) 9:03 9:49  
京阪バス 9:10(始発) 9:31 9:39 10:25  
京阪バス 9:25(始発) 9:46 9:54 10:40 *土日祝のみ運行
京都バス 9:50(始発)
とまりません
10:11 10:55  

復路延暦寺バスセンター→京都方面

バス会社 延暦寺バスセンター 京阪出町柳 三条京阪 京都駅 備考
京都バス 14:34 15:13 15:21 15:41  
京阪バス 15:26 16:04 16:15 16:35  
京阪バス 15:55 16:37 16:45 17:05 *土日祝のみ運行
京阪バス 16:26 17:06 17:15 17:35  
京阪バス(最終) 17:06 17:46 17:55 18:15  

四条河原町を経由します(阪急電車ご利用の方)。

参考資料2.JR京都駅よりケーブル時刻表(JR比叡山坂本経由)

往路:JR京都→JR比叡山坂本→連絡バス(又はタクシー)→ケーブル 復路:
(バス、JR連絡あり)
JR線
(片道\320、15〜17分)
連絡バス
(片道\220、7分)
ケーブル
(片道\840、往復\1570、11分)
JR京都(発) JR比叡山坂本(着) 比叡山坂本駅(発) ケーブル坂本駅(着) ケーブル坂本駅(発) ケーブル延暦寺(着) ケーブル延暦寺(発)
7:25 7:42 タクシー利用
始発8:00 8:11 15:00→
7:58 8:15 8:30 8:41 16:00→
8:15 8:30 9:00 9:11 16:30→
8:41 8:58 9:08 9:15 9:30 9:41 17:00→
9:16 9:31 9:38 9:45 10:00 10:11 17:30→
9:46 10:01 10:06 10:13 10:30 10:41 終)18:00→

参考資料3.自家用車(比叡山ドライブウェイ有料道路、各駐車場は無料)
@田の谷峠料金所から延暦寺バスセンター(東塔・根本中堂)まで
 小型・普通車 片道¥820  往復¥1620
A田の谷峠料金所から延暦寺バスセンター、西塔・横川経由、仰木料金所(大津方面)へ縦走
 小型・普通車 ¥2320